「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」第4話のあらすじと感想!

菅野美穂さんの主演ドラマ「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」(ウチカレ)の第4話が2月3日に放送されました。

シングルマザーとして娘を育てる少女のような天然の母兼恋愛小説家・水無瀬碧(菅野美穂)と、その娘であるオタク気質なしっかり者の大学生・空(浜辺美波)に起こる、前途多難なエキサイティング・ラブストーリーが描かれています。

ここでは「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」第4話のあらすじと感想、視聴率をまとめていきます!

スポンサーリンク

「ウチの娘は彼氏ができない!!」第4あらすじ

碧のピンチ

散栄社での応接室にて、碧は自身原作の映画に出演予定の大人気ボーカリスト・悠人(赤楚衛二)に会うことに。悠人の大ファンである碧は気合を入れてその場に臨むが、悠人は原作の内容を自分本位に変えようとするなどやりたい放題で少々やられ気味の碧。

次回作の恋愛小説が出ないことを編集長・小西(有田哲平)につつかれ、碧は窮地に追いやられていた。落ち込む碧を漱石(川上洋平)はひたすら気にかけ、側で話を聞いていた...

交差するそれぞれの想い

おだやでは渉(東啓介)が空に会いに来ていた。デートにわざと鼻毛をつけて来た事を空に謝りたかったのである。渉は、"忘れられない人、忘れちゃいけない人"がいるからデートでわざと嫌われようとしたと説明したのだが、空は家に帰ってからも渉の言葉が引っかかっていた。

また、ゴンちゃん(沢村一樹)はお見合い相手の彼女に更に良い条件の彼が出て来たらしく、破談となってしまう。彼女はお金目当てでゴンに近づいて来ていたよう。父・俊一郎(中村雅俊)に、碧のために場所を空けておいたのだと話をされるもゴンちゃんは納得がいかない様子。

さらに、碧は前担当者であった松山さんとの電話の中で、漱石には心の内を全て話してしまうことを漏らす。「好きになっているんじゃないか」と問われ、碧は返す言葉に戸惑っていた。

一方、空が光に渉との事を打ち上けると、光は渉の言う"忘れられない人・忘れちゃいけない人"の言い方に疑問を持つ。そんな光に空はアドバイスを求めるも、光は今まで上っ面の恋愛しかしてこなかったため上手く返せない。しかし、空はこの"上っ面の恋愛"=肉体関係から始まる恋愛だと気づき目を輝かせていた。その表情に新鮮さを感じつつも戸惑う光。

と、そこへ、碧と渉が偶然鉢合わせする。そこで渉は全員から色々問われ、小学3年生の頃に結婚の約束をした女の子がいること、自分の両親が居ないことを明かした。本物の家族が欲しかったという想いから、その女の子のことを"忘れちゃいけない人"と言ったのだった。その場を後にした渉を追いかけるように空は飛び出し、もう一度デートをして欲しいと渾身の想いをぶつける。その光景を光も遠くから見ていた...

碧と漱石の心が動き出す

漱石は碧原作の映画の筋書きがめちゃくちゃになっていることを抗議しに行くが、碧は漱石がまた泥を被り会社をクビになるのではないかと心配していた。漱石は過去にも作品を守るために作家に代わって泥を被ったことがあるのだ。しかし、そこにいた悠人の態度から、"本物"に対する熱意が悠人にはあると確信した漱石は、悠人と2人で話をすることに。悠人は自分の悪事にすでに気付いており、謝罪するとともに今までの話を撤回するよう動くのだった。

原作通りに映画化が進むことになった吉報を碧に知らせに来た漱石は、碧に感謝の言葉を言われ嬉し涙を流す。碧もそんな漱石の姿に心を打たれ2人は急接近するのであった...

スポンサーリンク

「ウチの娘は彼氏ができない!!」第4話感想

飛び交う恋のベクトル

第1話では渉に、第3話ではゴンちゃんに、第4話では悠人にと碧の恋のベクトルが飛びかっていましたが、どれも見事に砕け散る展開に。今回第4話では漱石にベクトルが向きそうでしたね。今までの展開から推測すれば、いい感じの雰囲気になった2人は次週で呆気なく終わりを迎えます。

今回やっと碧自身の気持ちが落ち着いてきたように思えるので、次週呆気なく、ということはさすがに無いとは思いますが、漱石も彼女持ちですし一悶着あっても面白いなと思います。ただ、漱石の彼女・沙織(福原遥)はゴンの父・俊一郎にはまりつつあるよう。沙織というキャラクターには、前回の放送で見せた可愛らしい津軽弁×異常なまでのメンヘラで魅了された方も多いのでは。沙織と俊一郎という歳の差コンビのストーリーにスポットが当てられるのが大変楽しみです。

空の心は、ブレブレの母とは真逆で、渉への一途な思いが見られました。しかし渉も少々変わり者でしたので、一筋縄ではいかないかもしれません。

第4話までは登場人物皆の気持ちがあちこち揺れ動くといった内容でしたが、ドラマも後半に入る第5話以降は皆の気持ちが落ち着くといいですね。碧にもそろそろ恋を全うしてほしいなと思います。

ドラマの方向性

碧が、もう恋愛から遠ざかっていて恋愛小説なんて書けないと悩んだことで、娘の空が母の代わりに恋をする!と思い立った第1話でしたが、それから空の恋もなかなか発展せず、碧の身に取り巻く恋の渦もどうにも終着しきれず第4話の終わりを迎えました。

展開が早くサクサク進むわりには内容自体に変化があまりなく、どこか置いてけぼりに感じるのもこのドラマの特徴です。期待を裏切り、予想がつかないのはいい意味でワクワクさせますが、その裏切りもそろそろお腹いっぱいになってくる頃。

現在はユーモアたっぷりな各キャラクターがドラマを支えていますが、今後ドラマの展開に更なる深みが出てくれば鬼に金棒、さらに人気が出るかもしれませんね。

スポンサーリンク

「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」第4話の視聴率

「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」第4話の視聴率は、8.2%

(視聴率はビデオリサーチ調べ・関東地区・リアルタイム・世帯)

第3話から0.1ポイントのアップ!固定ファンは逃していません!

「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」第5話の予告

「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」第4話のまとめ

展開が早くサクサク進む「ウチの娘は彼氏が出来ない!!」の第4話。そろそろ落ち着いた恋模様も観たいところですが、エキサイティングラブストーリーと銘打っているので、最後までハラハラドキドキなのかも?

「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」次回は2月10日(水)22:00放送予定です!

スポンサーリンク
おすすめの記事