「ポルノグラファー~インディゴの気分~」ドラマを無料で見られる動画配信サービス!

「ポルノグラファー~インディゴの気分~」のドラマを、無料で視聴する方法を紹介します!

FODの先行配信からスタートしたドラマ「ポルノグラファー」。あまりの人気から映画化され、映画をもって終了することでも注目を集めています。

FOD(エフオーディー)では「ポルノグラファー~インディゴの気分~」のドラマが見放題!

FODは主にフジテレビ系列のドラマを独占配信していますが、ドラマ「ポルノグラファー~インディゴの気分~」も期間限定・見放題で配信しています!

今なら2週間の無料トライアルを行っているので、その期間は無料で「ポルノグラファー~インディゴの気分~」の動画が楽しめます!

無料トライアル中に解約すれば料金はかからないので安心して利用できます。

配信サービス 配信状況 動画視聴

FOD

見放題0円
2週間無料
最大1300pt付与

FODプレミアムの基本情報(月額料金・無料期間・メリットなど)

FODプレミアムの基本情報をまとめました。
項目 内容
月額料金 888円(税抜)
無料お試し期間 2週間
配信作品数 40,000
ポイントの付与 最大1300pt (入会時に100ポイント) (8のつく8日、18日、28日に各400ポイント)
複数アカウント ×
視聴可能な作品 フジテレビ系列ドラマ フジテレビ系列バラエティー 韓国ドラマ 映画 ※他にも多数配信中
FODプレミアム5つのメリット
①2週間の無料トライアルを実施中!
②期間中の解約で利用料タダ!
③フジテレビドラマの独占タイトルは5000本以上!
④FODでしか見れないオリジナル配信ドラマに人気俳優が多数出演!
⑤動画以外にも雑誌やコミックも楽しめる!
FODでは人気作品が目白押しなので、無料トライアル期間だけでなく継続するのもオススメです。月額は888円(税抜き)と格安です。 映画の視聴には500ポイント必要ですが、入会時の100ポイントと8の付く日のポイント付与で、初月合計1300ポイントが貯まります。月2回は映画が無料で楽しめるところも良いですね! オリジナルドラマでは「時をかけるバンド」や「シックスティーン症候群」、「愛しのニーナ」といった話題作もありますよ♪

FODプレミアムの登録の仕方

FODプレミアムの登録方法を解説していきます。画面に沿って入力するだけ!とても簡単ですので、安心して進めてくださいね♪
①FODプレミアムにアクセス
②「今すぐはじめる>」をタップ
③メールアドレスとパスワードを設定
④利用規約とプライバシーポリシーを確認し『同意する』にチェック ⑤「アカウントを作成する>」をタップ
⑤お支払い方法を選択
決済方法は何を選んでもいいですか?
・クレジットカード決済 ・AmazonPay どちらかを選ぶと初回2週間無料トライアルが利用できます。
⑥購入内容の確認し、「決済に進む>」をタップ
⑦決済情報を入力し、「購入内容を確認する>」をタップ
※ここではクレジットカード決済を例にしています。
⑧登録完了!お疲れ様です!

FODプレミアムの解約の仕方

FODプレミアムの解約方法を解説していきます。
①FODプレミアムにアクセス
②画面右上の「メニュー」をタップ

②「登録コースの確認・解約」をタップ

③「解約する」をタップ
④再度「解約する」をタップ

⑤解約完了!お疲れ様です!

※本ページの情報は2021年3月時点のものです。 最新の配信状況はFODにてご確認ください。

スポンサーリンク

「ポルノグラファー~インディゴの気分~」キャスト・製作情報

原作 丸木戸マキ
監督 三木康一郎
脚本 三木康一郎
制作 フジテレビ
放送局 フジテレビ
フジテレビオンデマンド(FOD)
発表期間 2019年2月28日(先行配信)
2019年7月24日~2018年4月4日(地上波)
話数 全6話
出演 竹財輝之助

吉田宗洋

猪塚健太

大石吾朗

山中聡

スポンサーリンク

第1話「運命は青藍のようにあらすじ

都心のバーで二人の男が呑んでいる。官能小説家の木島と、その担当編集者の城戸だ。
「なんとも説明しづらい関係」を漂わせる2人。いったい2人はどんな関係なのか――。

数年前、既にポルノ小説の編集者であった城戸は、恩師の葬儀で大学の同級生だった純文学作家の木島と再会した。2年間同じゼミであったにもかかわらず城戸の事を全く覚えていなかった木島は、城戸や友人の通夜振る舞いへの誘いを断り、足早に1人式場を後にする。

通夜振る舞いに参加した城戸は、式場を出て社用車で都心へ向かうその途中、道を歩く木島に遭遇する。帰りの電車賃が無く、歩いて帰宅するつもりだと言う木島を車に乗せ、城戸の車は都心へ向かって行く。

同棲していた彼女に追い出され、会社に寝泊まりしていると言う城戸を、送ってくれた御礼にと今度は木島が自宅へ招く。「有り難い」と木島の自宅に泊まらせてもらう事にした城戸は、そこで未納の振込票や督促状の束を目にする。出版社の担当と喧嘩別れしたという木島は、今まったく仕事をしていないという。

創作にも行き詰まり困窮している様子の木島に、城戸は自分が担当している官能小説のレーベルでの執筆を提案するが木島は「ポルノは文学ではなく道具だ」と吐き捨てる。それでも「木島のファンだ」「書き続けて欲しい」と訴える城戸に木島の心は動き始める。

ネタばれ感想

「ポルノグラファー」の前日譚。小説家・木島と編集者・城戸の関係を描いている。前作、意味深な気配を醸していたふたりの間には何があったのか。

城戸役の吉田宗洋、顔面が妖しい!普段の言動は常識人でフツーの人っぽい城戸だけど、もう顔がフツーじゃない。メイクで底上げしてはいるのだろうけど、エロの香りが濃厚に立ちこめております。

第2話「忘却の時を求めてあらすじ

城戸の誘いを受け、官能小説の執筆を始めた木島だが、その出来は濡れ場の描写が5行で終わる始末。執筆の参考にと城戸が渡した官能小説の束から、「初めて官能小説の面白さに触れた気がした」と木島が手に取ったのは大御所・蒲生田郁夫の小説だった。

数日後、城戸は上司から、その蒲生田郁夫の担当を命じられる。ガン療養中で次作が自分の遺作になると明言している蒲生田から原稿を取ってくれば、今よりも条件の良い同族出版社への転職もあると仄めかされた城戸は、蒲生田に自社を選んでもらう材料として「キジマリオを弟子にとりませんか?」と提案する。

勝手に弟子入りを決めてきた城戸に木島は怒りをぶつけるが、どうしても獲りたい仕事だからと懇願され、城戸と共に蒲生田邸を訪れることに。「キジマリオ」を女性だと思い込んでいた蒲生田は、訪れた木島を見て「俺を騙しやがったな」と激昂し、二人を追い返そうとするが、木島はそんな蒲生田にも動じることなく「なんでもやらせていただきますので」と頭を下げる。

そんな木島に、蒲生田が遺作の原稿を渡す条件として提案したのは“悪趣味”で“鬼畜”なある行為だった。

ネタばれ感想
ラストで明かされる大御所先生による過激なパワハラ!これは爆笑必至かと思いきや、ドラマが終わった瞬間に感傷的な気分になってしまうのが不思議です。

第3話「理性の限界を超えた目覚めあらすじ

「じゃあお前、こいつの○○しゃぶれるか?」
「イカせられたら、俺の遺作はおたくのとこで進めることとしよう」
あまりの提案に悪趣味だと狼狽する城戸だったが、木島は「やるよ」と答え、城戸のベルトを外し、ズボンのチャックを下げた。

「絶対に取りたい仕事なんだろう、何てことないだろこれくらい」

そう言うと、木島は城戸のそれを口に含み、舌を這わせはじめる。かつて憧れた男が跪き、淫らにその屹立を咥える光景は城戸の嗜虐心をひどく煽った。果てた城戸と息を切らす木島を見て笑う蒲生田。そして木島に、「明日から、うちへこい」と告げる。

蒲生田の家を出た2人はタクシーに乗り、木島の家へ向かった。その車内で「どうだった?」と木島に問いかけられた城戸は木島を抱き寄せ、家に着いた二人はそのまま身体を重ねる。

翌朝、城戸が目を覚ますと木島の姿はなく、「先生のところへ行きます」と書かれた置き手紙だけが残されていた。それからしばらく木島は蒲生田の家で与えられた居室で過ごし、家には戻らなかった。

一方、城戸は蒲生田の遺作と木島の官能小説デビュー作の2つの原稿を得たことを評価され、社長から同族出版社への転職話を進めるか問われ、「ぜひお願いします」と答える。その頃、木島は城戸の事を想い、蒲生田の玩具を手に取っていた。

ネタばれ感想
ポルノグラファーより、ちょっと塗れ場シーンは多く強めです。
ポルノグラファーはコメディ要素もありほのぼのしてる感じですが、インディゴはアダルトな感じが全編に漂っています。

第4話「愛するということあらすじ

原稿を書き終えたとの連絡を受け、蒲生田邸を訪れた城戸。居間には豪華な料理が並び、祝宴の準備が整っていたが、?書き終えた“のは蒲生田の原稿ではなく木島の原稿と知り肩を落とす。しかし蒲生田はポルノ処女作を書き終えた祝いだと上機嫌で、木島が来てくれて助かっている、と城戸に告げる。

祝宴が続くなか、蒲生田は倒れてしまい、木島に支えられて寝室へと向かう。その様子を訝しげに見つめる城戸。少しして蒲生田の寝室から木島が出てくると、城戸は小部屋に木島を引きずり込み熱いキスを交わす。

城戸は、木島が蒲生田とも関係があるのではと疑うが、木島は否定し、それよりも城戸の事を考えて「あそこをいじってた」と告げる。木島の告白に興奮が抑えられなくなった城戸は、そのまま木島を押し倒し、服を脱がせていく。絡み合う二人。だが、城戸はその時、少し前にヨリを戻した彼女の事を考えていた。

2人が身体を重ねていると、家政婦の佐藤が木島を呼ぶ声が聞こえてくる。木島が慌てて服を着て、佐藤と共に蒲生田の部屋に駆け付けると、蒲生田は布団の上で血を吐いて倒れていた。蒲生田はそのまま即入院となり、木島は毎日献身的に病院へ通った。

そんな木島に「ここまで付き合うことはない」と蒲生田は告げるが、木島は「これは僕のため」「先生に教わりたいことがまだたくさんある」と答える。そんな木島に蒲生田は何度も何度も頭を下げた。そんななか、ポルノ処女作の刊行が決まり、木島は城戸のオフィスを訪れる。出版社の社長も同席する打ち合わせの場で、城戸が転職するために木島の担当を外れる事、そしてそれが彼女と結婚するためであることを、木島は初めて聞かされ―――

ネタばれ感想
ポルノグラファーの時に比べて普通に感情の起伏がある木島。このドラマに描かれているような経験をへて段々と心をなくして、壁をつくっていったのだと納得。
城戸もリアルなクソ男って感じでめちゃくちゃ良かった。共感はできないけど好き。

第5話「裏切りと悲しみの連鎖あらすじ

ポルノ処女作の刊行が決まり、木島は城戸のオフィスを訪れる。出版社の社長も同席する打ち合わせの場で、城戸が転職するために木島の担当を外れる事、そしてそれが彼女と結婚するためであることを、木島は初めて聞かされる。

「君は最低だ」と言い捨て、その場を後にしようとする木島を城戸は引き止めようとするが、木島は激昂し城戸を侮蔑する。侮蔑され、木島のようには生きられない自分に改めて気付かされた城戸は「お前といると自分が嫌になる」と木島に告げ、木島も「僕もお前みたいな人間、反吐が出る」と去っていく。

木島と城戸が顔を合わせなくなり暫く経ったある日、城戸は蒲生田の病室を訪れた。そこで、木島の事を頼む、と蒲生田から涙ながらに懇願され、城戸は決意の表情で病室を後にする。数日後、城戸のオフィスでは、転職をやめたいと社長に頭を下げている城戸の姿があった。

昏睡状態で2日目だと連絡を受け、城戸は蒲生田の病室に駆け付ける。不眠不休で蒲生田に寄り添う木島に、城戸は少しでも休むよう優しく声を掛けた。

久々に顔を合わせた城戸に、木島は「来てくれてありがとう」と伝え、1人で抱えていた想いを打ち明けていく。そして、その明け方、蒲生田は眠ったまま静かに息を引き取った。

ネタばれ感想

見つめあってから唇どうしがたどり着くまでの時間が異常に長くて良い。映画のように大写しになった顔、唇。その隙間から光線を反射する歯がチラッと見えたり。

作中の官能小説の映像化部分は平板に撮られているけど、主人公たち自身の官能シーンは美しく情緒たっぷり。

第6話「存在することの彼方へ」あらすじ

桜が舞い散るなか、蒲生田の葬儀が営まれている。蒲生田の親族は遠方に住む付き合いのない妹のみだったので、葬儀のほとんどは木島が執り行ったが、それを「財産目当て」だと口にする弔問客もいた。実際に木島が蒲生田から受け取ったのは遺作の権利だけ。

葬儀を終えた木島は、その遺作の原稿を城戸に渡し、その遺作は、蒲生田は書き上げられず、自分が加筆して完成させた、と告げた。このことは一生誰にも言うつもりはない、その原稿を持ってどこへでも好きなところへ行けよ、と木島が伝えると、城戸は「会社は辞めない。続けることにした」と答える。結婚話も無くなった、と明かす城戸に、君はまともな奴で、そういうところが好きだと木島は告げる。2人は見つめ合うと、求め合う恋人のように濃厚なキスを交わし、蒲生田の遺影の前で身体を重ねた。

数か月後、蒲生田の遺作が書店に並んでいる。病床で書かれたとは思えない筆致が絶賛され、話題作となっていた。木島は、蒲生田からもらった「鬼島蓮二郎」という名前で再デビューし、他社からの依頼も受け、順調に仕事をこなしていた。そんななか、木島と城戸は微妙な関係になり、城戸は合コンで出会った彼女と付き合って1年で結婚し、娘も誕生した。

そして、現在。木島と城戸がバーで呑んでいる。木島は、付き合うことにしたと城戸に明かした久住のことを、大切そうに話している。もう自分が見ることのない木島の幸せそうな表情を見て、城戸は複雑な感情を抱く。だが、そんな城戸の気持ちに木島は気付くことなく、久住が待つアパートに帰って行った。

ネタばれ感想

木島先生、久住と出逢えて本当に良かった!とドラマ「ポルノグラファー」から見てた人は全員、胸をなでおろしたはず。

BLといっても、純文学とかフランス映画が好きな人にも受けが良さそうな作品でした。

配信サービス 配信状況 動画視聴

FOD

見放題0円
2週間無料
最大1300pt付与

Hulu

配信なし
2週間無料
最大900pt付与

U-NEXT

配信なし
31日間無料
最大600pt付与
 
スポンサーリンク
おすすめの記事