「西荻窪 三ツ星洋酒堂」のあらすじは?ドラマの見どころまとめ!

浅井西原作によるドラマ「西荻窪 三ツ星洋酒堂」が2月11日に放送開始されます。三ツ星洋酒堂の美しい青年バーテンダー・雨宮涼一朗役を町田啓太さんが演じることが発表されました!

ここでは、「西荻窪 三ツ星洋酒堂」のあらすじや見どころについて調べていきます。情報は随時追記してまいります。

スポンサーリンク

「西荻窪 三ツ星洋酒堂」の概要

「西荻窪 三ツ星洋酒堂」の原作は、月刊ミステリーボニータ(秋田書店)にて連載中。単行本1巻は3月16日に発売される予定です。1巻が発売される前にドラマ化が決定、かつてない最速のドラマ化と言えるのではないでしょうか。これだけでも魅力のあるマンガだということがわかります。

「西荻窪 三ツ星洋酒堂」は、バーテンダー・雨宮とシェフ・中内、オーナー・小林といった3人の男が営む小さな缶詰バーを舞台に、さまざまな悩みを抱えて訪れる客を、カクテルと缶詰料理が癒やすヒューマンストーリーです。

スポンサーリンク

「西荻窪 三ツ星洋酒堂」のあらすじ

舞台は東京・西荻窪。「住みたい街1位」として有名な吉祥寺と商業規模の大きな荻窪の間に挟まれた小さな街。

そんな西荻窪の片隅にひっそりと佇む1軒のバー、“三ツ星洋酒堂”。美しい青年バーテンダーの雨宮、無口なシェフ・中内、そしてオーナーの小林、同級生の男性3人で営業する小さなバー。このバーには、人生の様々なことに思い悩む人々が、その雰囲気に惹かれて思わず足を踏み入れてしまう不思議な魅力があり、今日も悩みを抱えた客が訪れる。そして、三ツ星洋酒堂で働く3人も、自身の過去に何かを抱えているようで・・・。

スポンサーリンク

「西荻窪 三ツ星洋酒堂」ドラマの見どころ

原作のイメージ通りの主演

三ツ星洋酒堂の美しい青年バーテンダー・雨宮涼一朗役を町田啓太さんが演じます。マンガ原作のドラマ化はキャストに対してシビアな意見が多いものですが、イメージぴったりという声が大多数です!

毎話登場するゲストキャスト

毎話悩みを抱えるゲストキャストがバーの客として登場します。主要キャストはもちろん、毎話登場するゲストキャストにも注目です!

美味しいカクテルと料理

毎回登場するカクテルや缶詰料理は、ドラマの重要な見どころとなっています。バーテンダー役の町田啓太さんがカクテルを作るシーンは必ず押さえておきたいポイントです。

ヒューマンドラマ

悩めるお客様がバーテンダー・雨宮が作るカクテルと、シェフ・中内が供する“缶詰”の料理を味わい、オーナー小林が醸し出すバーの雰囲気に包まれて、そこで思いの丈を吐き出すと、気がつけば、少し前を向けるようになっている。ふんわりとした優しい雰囲気のドラマとなりそう!

「西荻窪 三ツ星洋酒堂」は「深夜食堂」シリーズを放送してきたMBSならではの、温かいドラマとなること間違いなしです!

西荻窪 三ツ星洋酒堂あらすじのまとめ

「西荻窪 三ツ星洋酒堂」のあらすじについて情報をまとめました。原作とドラマの違いなども、今後気になるところです。

ドラマ「西荻窪 三ツ星洋酒堂」については、まだまだこれから情報が解禁されてくると思いますので、わかり次第追記していきます。

スポンサーリンク
おすすめの記事