「君と世界が終わる日に」第7話のあらすじと感想!「死なせない!! 」

日本テレビ系20211月期ドラマ「君と世界が終わる日に」第7話が、2月28日(日)夜10時30分より放送されました!

日本テレビとHuluがタッグを組み、地上波ドラマの域を超えた壮大なスケールとクオリティで描かれる本作では、主演・竹内涼真さんが中条あやみさんと共に本格的なサバイバルエンターテインメントに挑んでいます!

スポンサーリンク

「君と世界が終わる日に」第7話のあらすじ

https://twitter.com/kimiseka_ntv/status/1363494510475452420?s=20

首藤の本性

病死したはずの実の母・琴子(臼田あさ美)がゴーレムの姿で突如目の前に現れ、衝撃のあまりとっさに琴子の繋がれていた両手の鎖を斧で壊す響(竹内涼真)。病死したはずの母親がなぜ・・・。自分を襲おうと迫る琴子を目の前にし、我に返った響はその場を後にしようとするが、やはり琴子を助けようと戻ろうとした途端、御前崎(宇野祥平)が現れ、琴子の元へ戻ろうとする響に注射を打ち意識を失わせた。

一方、妹・愛奈(新津ちせ)を殺された兄・勝利(田中奏生)は、妹の仇を取るためテロリストだと思っているミンジュンや佳奈恵(飯豊まりえ)を殺そうとしていた。しかし、ミンジュンを刺したのは、愛奈のことを想う来美だった。来美はもみあいの中、ミンジュンの脚を刺した。ミンジュンと佳奈恵が命からがらその場を後にして逃げていると、今度は血の匂いに釣られて来た琴子ゴーレムに遭遇する。ミンジュンは琴子ゴーレムともみ合うが脚が上手く動けないため琴子に噛まれてしまう。そして、とっさに琴子を殺したのだった。

御前崎とともに島に戻った響が目を覚ますと、御前崎が元上司である首藤(滝藤賢一)の本性を話し始めた。御前崎によると、研究に取りつかれた首藤はゴーレムウイルスを開発し、無認可のまま響の母親を実験台として投与し死亡させた。その後、どういうわけか、世の中にゴーレムウイルスが広まってしまったのだ。

ミンジュンへの想い

ミンジュンは琴子を殺してしまったことを響に告げ心から謝罪をする。その後、ミンジュンが急に意識を失って倒れたことで、響はミンジュンがゴーレムに噛まれてしまったことを知る。

ミンジュンの感染について、響は自分に責任を感じていた。自分が来美を助けに戻ったことで、ミンジュンはゴーレムに噛まれてしまったからだ。そこに、響の後をつけて来たジアン(玄理)が突如現れる。弟・ミンジュンにワクチンを渡す代わりに、響が一人で駐屯地へ投降することを条件に交渉した。

翌日、響は一人駐屯地へ向かい、ジアンから作戦を伝えられた。ジアンは最初から弟を助けたくて響たちと交渉したのだ。しかし、いざワクチンの入っている冷却装置を動かそうとするも、鍵が開かず動かない。そこで電源装置を壊すことで、首藤をおびき寄せた。電源装置が壊れたことで冷却装置が動かず首藤は怒り狂っていた。その隙に、試験用の治療薬を持って逃げる響であったがそんな響に向けて自衛隊員が発砲する。撃たれても尚、死に物狂いで身を引きずりながらもミンジュンにワクチンを届けるため響は足を止めなかった。

しかし、響がほうほうの体で持って帰った治療薬は不完全で、ミンジュンには効かなかった。皆に看取られる中、ミンジュンは綺麗に光る夕日の写真を納め姉に見せて欲しいと伝えた後、静かに発症した。そして響はミンジュンを殺したのだった。

悲しみに暮れる中、ミンジュンの死は“ある女がミンジュンの脚を刺したこと”がそもそもの原因であることを響が知ることに。響はその“ある女”が来美であることを知らないが・・・。

スポンサーリンク

「君と世界が終わる日に」第7話の感想

今後の展開

ミンジュンがいよいよ帰らぬ人となってしまいました。強い仲間がいなくなったことで、響たちの戦力が大きく減ってしまったと思います。そして響の心にも大きく影響された出来事でした。これで残ったのは佳奈恵、甲本、紹子・結月の母娘だけです。坪井は仲間なのかどうかは今一つ謎なので置いておくとして、戦える人はもはやもういません。この先シーズン2まで続くこの物語は一体どうなっていくのでしょう。

今回の首藤の話から、ワクチンなど無さそうですよね。不気味に笑う首藤から何か別の思惑があるとしか思えません。それらに焦点を当ててシーズン1の最終回へと向かうのでしょうか。

響・来美の運命

次週、来美と響が再び顔を合わせますが、敵同士だと認識したうえでの再会となりそうです。お互いに武器を構えた状態での再会で、二人の気持ちがどう変化するのか全く予想が出来ません。ドラマの最後、菅田将暉の歌う「星を仰ぐ」をBGMに二人の過去を映すシーンでは、二人が本当に愛し合っていたのだと感じられます。

来美も響も、ゴーレムとの戦いによって価値観や考え方が大きく変化していることで、感じ方も変わってきています。すでにお互いのことを想う気持ちすら無くなりかけているようにも捉えられます。二人に待つのは残酷な運命なのか、響・来美カップルの行く末やいかに・・・。

スポンサーリンク

「君と世界が終わる日に」第7話の視聴率

「君と世界が終わる日に」第7話の視聴率は7.1%でした!前回と横並びです。

第1話 1月17日 俺が絶対守る人間vsゾンビ!! 命がけで挑む闘い 菅原伸太郎 8.4%
第2話 1月24日 絶対見捨てない仲間がゾンビに!? 迫る決断の時!! 8.2%
第3話 1月31日 裏切り者は誰!? 生死を賭けた人質交換 必ず救う!! 中茎強 8.0%
第4話 2月7日 ついに会える!? 引き裂かれた恋人たち反撃開始!! 8.4%
第5話 2月14日 生き残るためにもう手段は選ばない!! ゆがむ正義 久保田充 7.2%
第6話 2月21日 今夜真実が明らかに!! 敵地に乗り込み見たものは 7.1%
第7話 2月28日 死なせない!! 仲間のゾンビ化を止める最後の賭け 菅原伸太郎 7.1%
第8話
第9話
最終話
(視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム)

「君と世界が終わる日に」第8話の予告動画

https://twitter.com/kimiseka_ntv/status/1366031567777267717?s=20

「君と世界が終わる日に」第7話のまとめ

第7話もハラハラドキドキの連続で、このドラマに心休まる時はありません。このまま地上波ラストに向けて突っ走っていくのでしょうか?

次回第8話は37()1030分より放送予定!

スポンサーリンク
おすすめの記事