海外FXトレード手法とは?初心者にオススメのたった2つのテクニック

海外FX情報

「初心者におすすめの手法は何?」

海外FXを始めるにあたって、皆様このような疑問をお持ちではないでしょうか。

ここでは、少額で利益を出す「負けないFX」と「攻めるFX」といった取引手法をご紹介していきます。

「効率的に稼ぐ方法を知りたい」という方は、ぜひ参考にしてみてください。

海外FXはハイレバレッジで取引ができる!

国内FXでは、法律でレバレッジが25倍までと定められています。そのため、少額投資で勝てたとしても大きな利益は見込めません。

しかし、海外FXでは400倍以上のハイレバレッジでトレード可能なので、普通のトレード手法で勝負したとしても一攫千金を狙うことができるのです。

「負けないFX」と「攻めるFX」で手法が変わる!

海外FXは、ハイレバレッジがあるために利益を出しやすいという特長があります。
海外FXで利益を出す方法にも攻め方に応じて手法が異なってきます。

ここでは、海外FXの手法を2つ解説します。

  1. 「負けないFX」
    年利3〜5%を目指す
  2. 「攻めるFX」
    資金を50〜100倍に増やすためにトレードする

「負けないFX」年利3〜5%を目指す

「負けないFX」で重要になるのは、一度に資産を大きく増やそうとしないことです。少しずつ確実にコツコツと増やしていく考えといえるでしょう。

「攻めるFX」資金を50〜100倍に増やす

「負けないFX」と違って「攻めるFX」は軍資金を50〜100倍に増やすことを目標にしています。
攻めるFXがおすすめなのは、初心者や「FXで人生を変えたい」と思っている方です。

少ない軍資金で「負けないFX」をしてしまうと、大きな利益にはなりません。
しかし、「攻めるFX」なら人生が変わるほどの大金を得ることも可能です。

国税庁統計年報のデータによると、年収1億円以上稼いでいる人の職業は50%以上が「株・為替などのトレーダー」です。
このことから、FXで稼いでいる人は実際に人生を変えられることがわかります。

海外FXで結果が出る手法2選

ここからは、すぐに海外FXで利益を出せる取引手法を解説していきます。
海外FXのハイレバレッジを活かして、少ない軍資金でも勝負できるのでチャレンジしてみましょう。

すぐに結果が出る、短期間で取引を繰り返す手法を2つ紹介していきます。

  1. 短時間の中で売買を繰り返すスキャルピング手法
  2. 数回に分けて買うピラミッティング手法

どちらも、じっと堪えたりするのが苦手な方でも苦痛なく行える取引手法です。

1.短時間の中で売買を繰り返すスキャルピング手法

スキャルピング手法とは、短時間で取引を複数回繰り返す方法のことです。
よく聞くデイトレードは1日でトレードを行うことを言いますが、スキャルピングは数分、数時間単位で取引を行います。

海外FXは、ハイレバレッジで取引できるためスキャルピングと相性が良いのです。
たとえ少ない軍資金でも利益を見込むことができます。

また、安定したトレードができるのもスキャルピングの特徴です。
中長期のトレードだと、気づかぬうちに相場が大暴落したり損切りのタイミングを逃したりする恐れがあります。
しかし、短期間のトレードならそのような心配も少なく、落ち着いてトレードができます。
安定して利益を出すためには、細かい利益を積み上げていくことが大切です。

では、実際にスキャルピングをする時のポイントを2つ紹介していきます。

  • レンジ相場がブレイクした後の大きな値動きを待って取引する
  • レンジ相場内で波に乗りながら取引する

レンジ相場がブレイクした後の大きな値動きを待って取引する

市場の均衡が崩れて売り買いのどちらかに傾き始めるタイミングを見計らって、売り買いの勢いがついている方向で取引をしましょう。

価格の動きをみながら相場が動くタイミングを狙ってトレードする手法なので、ブレイクが起こるまで待ってから勝負をすることができます。

レンジ相場内で波に乗りながら取引する

波乗りとは、チャートの上げ下げが起こる様子を波に例えた表現です。
一定の範囲で上げ下げを繰り返している相場の場合、どちらかのタイミングを見極めて取引を行います。

レンジ相場を見分ける際は、上値と下値が同じラインで交互に2回以上反転しているかで判断しましょう。
1回だけだと信用性にかけるので、2回以上繰り返していることを確認するのがおすすめです。

波に乗りながら取引をするコツは、15分足でチャートを見ることです。
その理由として、以下の2つがあります。

  • 1分単位だと、レンジ相場の信用性が低い
  • 長すぎると、エントリーの機会を逃しやすい

相場の反転のタイミングを見計らってトレードを行っていきましょう。

2.数回に分けて買うピラミッティング手法

ピラミッティング手法とは、複数回に分けて買いを行うトレード手法です。
含み益がある時に買い増しを行います。
簡単に言うと、勝っている時にさらに勢いをつけるやり方になります。

ただし、相場の動きが激しいレンジ相場では使えない手法ですので注意してください。

リスク分散のため、複数回に分けて取引を行うこともあり難しいトレード手法とも言われています。
使いこなすことができれば一攫千金も夢ではないので、気になる方は挑戦する価値はあるのではないでしょうか?

では、ピラミッティング手法から代表して2つ紹介します。

  • スケールダウンピラミッティング
  • リフレクティングピラミッティング

1万円以下の投資からでも使える「スケールダウンピラミッティング」

スケールダウンピラミッティングは、始めに大口のエントリーを行い、ロットを減らしながら追加のエントリーを行う手法です。
予想と異なっていれば損切りを行い、当たっていれば買い足しを行います。

ピラミッティング手法の中でも1番有名な戦術と言われています。

例えば、0.3ロットで最初にエントリーした場合、予想が当たっていれば0.2ロットでエントリー。
追加エントリーしてもまだトレンド相場が続いていれば、0.1ロットのエントリーとさらにエントリーを行います。

逆に、相場が荒れ出した場合は早めに損切りすることで損害を最小限に抑えることができるのです。

トレンド相場でスケールダウンピラミッティング手法を使うと、短期間でも多くの利益が見込めます。
1万円程度の軍資金を数千万円まで増やしたトレーダーもいるので、使いこなせるようになりたいものです。

低リスクの「リフレクティングピラミッティング」

リフレクティングピラミッティングとは、利益が出るたびに決済を行う手法です。
毎回利益を確定させるため、リスク回避を重視した安定性のある取引を行えます。

しかし、そのまま相場のトレンドが続いていた場合は利益を逃したことになります。
スケールダウンピラミッティングと異なり、大きく勝ちにいく手法ではありません。

リフレクティングピラミッティングは、前述した「負けないFX」にあたる手法と言えます。
すでに、ある程度の利益を確保できている人は、リフレクティングピラミッティングでコツコツと取引を行うのがおすすめです。

コメント

  1. I think that what you posted was very logical. However, what about this?

    what if you added a little content? I am not saying your information isn’t good.,
    however what if you added a headline that grabbed folk’s attention? I mean 海外FXトレード手法とは?初心者にオススメのたった2つのテクニック | 海外FX応援 is a little vanilla.
    You could look at Yahoo’s front page and see how they create news headlines to get people to open the links.

    You might add a related video or a picture or two
    to grab readers interested about everything’ve written. In my opinion,
    it might bring your website a little livelier.
    Bitcoin verdienen https://t.me/s/Bitcoin_verdienen

タイトルとURLをコピーしました