海外FXの魅力ハイレバレッジについて解説

海外FX情報

「海外FX業者の最大レバレッジってどのくらい?」
「国内でもやってないハイレバレッジって危険じゃないの・・・?」

皆様最初はそう思われます。

しかし、海外FX最大の魅力はハイレバレッジです。ハイレバレッジ取引を通じて大きく稼ぐことができるからです。ではハイレバレッジとは一体何なのでしょうか?

この記事で海外FXのレバレッジ取引について基本知識を知るきっかけになれましたら幸いです。

レバレッジとは

そもそも「レバレッジ」とは、ご自身が持っている資金を担保にして、実際に口座に預けている金額以上の額でFX取引ができる仕組みです。
国内FXを利用した場合は、金融庁による規制で25倍のレバレッジが上限になっています。

一方で、海外FXは国内FXのような規制がなく、500倍や888倍などの高いレバレッジで取引できるのが特長です。

レバレッジとハイレバレッジの違い

レバレッジには大きく分けて「レバレッジ」と「ハイレバレッジ」の2種類があります。

通常のレバレッジとは、国内FXのような最大25倍までのレバレッジ取引のこと。
一方で、ハイレバレッジとは、海外FXのような数百倍から数千倍のレバレッジ取引のことを指します。

そのため、「国内FXのレバレッジ以上の倍率で取引したい!」「少ない資金で大きな利益をあげたい!」という方におすすめなのが海外FXです。

海外FX業者と国内FX業者のレバレッジを比較

国内FX業者は最大レバレッジが25倍と、圧倒的にレバレッジが低いです。

そのため、負債を負った場合に元金以上の投資をしてしまうと、追証(追加で資金を担保に入れること)を入れなければなりません。

一方で、海外FX業者は最大レバレッジが数百倍から数千倍というハイレバレッジ取引が可能です。
また、負債を負っても、追加でご自身の資本を担保に入れる必要がありません。

なぜなら、業者が負債分を補填し口座残高をゼロにして、自動的に取引を中止するシステム「ゼロカットシステム」を導入しているからです。

国内FXの場合は法律でゼロカットカットシステムが禁じられています。
そのため、損切りができずに負債を負った場合のマイナス分が大きくなってしまう可能性があるので、注意が必要です。

海外FX業者でハイレバレッジ取引をするメリット3つ

ここまで、レバレッジについてや口座選びのポイントについて解説してきました。
しかし、「海外FX業者でハイレバレッジ取引を行うメリットって何?」と疑問に思う方もいるでしょう。
ここでは、海外FX業者でハイレバレッジ取引をするメリットとして、以下3つをご紹介します。

1.低予算から投資ができる

ハイレバレッジ取引を利用すれば、少ない資予算でも大きな額の投資にチャレンジできます。
例えば、ハイレバレッジ取引が可能な海外FX業者の中には、数百倍や数千倍のハイレバレッジ取引が可能な業者もあります。

1,000倍のハイレバレッジ取引が可能な業者を利用すれば、1万円の元金でも、最大で1,000万円のFX取引ができるのです。

「予算が少ないけど、一攫千金を狙いたい」と考えている方におすすめだと言えるでしょう。

2.大きな利益をあげられる

ハイレバレッジ取引を利用すると少ない変動利益でも、大きな利益となって返ってくる可能性があります

例えば、2021年3月26日のドル・円相場は、9:30分の段階で始値から0.16円程上がりました。
もしあなたが海外FX業者を介して、1万円の元金で1,000倍のハイレバレッジ取引をしていれば、16万円の利益が出ている計算です。

つまり、ハイレバレッジ取引には大きな利益を出すポテンシャルがあるのです。

3.多くのポジションを確保できる

予算が少なくても大きい額の取引ができるということは、資金をいくつかの業者の口座に分割して運用することも可能です。

口座をいくつか持つことは、利益も分散しますが、損失リスクも分散させられます。
つまり、「海外FXで利益を出したいけど、リスクは最小限にしたい」と考えている方にとってメリットと言えるでしょう。

海外FXでハイレバレッジ取引をするデメリット

海外FXでハイレバレッジ取引を行うメリットを解説しましたが、もちろんデメリットもあります。

1.レバレッジ倍率に制限が掛かっている場合が多い

ハイレバレッジには制限が掛かっている場合が多いです。

例えば、「FBS」は3,000倍のハイレバレッジ取引をする場合、200ドルまでしか取引ができないようになっています。
また、「Hotforex」は300,000USドル以上入っている口座だと、レバレッジが自動的に75倍までしか設定できないようになっています。

そのため、ハイレバレッジ取引をする場合には、事前に取引を行おうと考えている業者のレバレッジ制限について確認しておきましょう。

2.損が出た際にすぐに取引が終了してしまう

海外FX業者を利用したハイレバレッジ取引には、ゼロカットシステムが採用されています。
しかし、このゼロカットシステムが作動してしまうと、中長期での取引が難しくなってしまうのです。

例えば、ある日に100万円の損失をしたとしても、次の日には200万円得をしていることがあります。しかし、ゼロカットシステムは、一度大きな損失をした際に口座残高をゼロにして清算してしまいます。
前述の例を取れば、200万円の利益に達する前に、損失が出た時点で自動的に決済されてしまうのです。

ゼロカットシステムには、中長期でみた投資の機会を奪ってしまう場合もあると覚えておきましょう。

3.ハイレバレッジ取引についての実体験が少ない

実は、日本人で3,000倍のようなハイレバレッジ取引を行っている方は少ないです。
書籍や動画などの媒体を見ても、3,000倍のようなハイレバレッジ取引をした”実体験”を語っている人はほぼいません。

なぜなら、3,000倍のような高倍率のハイレバレッジ取引は、一度の取引で数千万円規模の損失に繋がりかねないからです。

もちろん、利益が出る可能性もありますが、「これからFX取引を始めよう」という初心者の方は十分に気をつけて利用するようにしてください。

まとめ

ここでは海外FX最大の魅力、ハイレバレッジ取り引きについて解説してきました。メリットデメリットどちらも考慮していただき、まずは少額からのスタートをオススメします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました