「ビーチボーイズ」ドラマを見逃しても無料視聴できる動画配信サービス!

「ビーチボーイズ」のドラマを、無料で視聴する方法を紹介します!

ドラマ「ビーチボーイズ」。イケメン俳優の2人、反町隆史さんと竹野内豊さんのダブル主演、広末涼子さんが出演したことでも話題を集めました!

FOD(エフオーディー)では「ビーチボーイズ」のドラマが見放題!

なんと、ドラマ「ビーチボーイズ」はFODの独占配信!FODはフジテレビのドラマを主に配信しています。

今なら2週間の無料トライアルを行っているので、その期間は無料で「ビーチボーイズ」の動画が楽しめます!

無料トライアル中に解約すれば料金はかからないので安心して利用できます。

配信サービス 配信状況 動画視聴

FOD

見放題0円
2週間無料
最大1300pt付与

Hulu

配信なし
2週間無料
最大900pt付与

U-NEXT

配信なし
31日間無料
最大600pt付与
 

FODプレミアムの基本情報(月額料金・無料期間・メリットなど)

FODプレミアムの基本情報をまとめました。
項目 内容
月額料金 888円(税抜)
無料お試し期間 2週間
配信作品数 40,000
ポイントの付与 最大1300pt (入会時に100ポイント) (8のつく8日、18日、28日に各400ポイント)
複数アカウント ×
視聴可能な作品 フジテレビ系列ドラマ フジテレビ系列バラエティー 韓国ドラマ 映画 ※他にも多数配信中
FODプレミアム5つのメリット
①2週間の無料トライアルを実施中!
②期間中の解約で利用料タダ!
③フジテレビドラマの独占タイトルは5000本以上!
④FODでしか見れないオリジナル配信ドラマに人気俳優が多数出演!
⑤動画以外にも雑誌やコミックも楽しめる!
FODでは人気作品が目白押しなので、無料トライアル期間だけでなく継続するのもオススメです。月額は888円(税抜き)と格安です。 映画の視聴には500ポイント必要ですが、入会時の100ポイントと8の付く日のポイント付与で、初月合計1300ポイントが貯まります。月2回は映画が無料で楽しめるところも良いですね! オリジナルドラマでは「時をかけるバンド」や「シックスティーン症候群」、「愛しのニーナ」といった話題作もありますよ♪

FODプレミアムの登録の仕方

FODプレミアムの登録方法を解説していきます。画面に沿って入力するだけ!とても簡単ですので、安心して進めてくださいね♪
①FODプレミアムにアクセス
②「今すぐはじめる>」をタップ
③メールアドレスとパスワードを設定
④利用規約とプライバシーポリシーを確認し『同意する』にチェック ⑤「アカウントを作成する>」をタップ
⑤お支払い方法を選択
決済方法は何を選んでもいいですか?
・クレジットカード決済 ・AmazonPay どちらかを選ぶと初回2週間無料トライアルが利用できます。
⑥購入内容の確認し、「決済に進む>」をタップ
⑦決済情報を入力し、「購入内容を確認する>」をタップ
※ここではクレジットカード決済を例にしています。
⑧登録完了!お疲れ様です!

FODプレミアムの解約の仕方

FODプレミアムの解約方法を解説していきます。
①FODプレミアムにアクセス
②画面右上の「メニュー」をタップ

②「登録コースの確認・解約」をタップ

③「解約する」をタップ
④再度「解約する」をタップ

⑤解約完了!お疲れ様です!

※本ページの情報は2021年3月時点のものです。 最新の配信状況はFODにてご確認ください。

スポンサーリンク

「ビーチボーイズ」キャスト・製作情報

脚本 岡田惠和
演出 石坂理江子
澤田鎌作
木村達昭
出演者 反町隆史
竹野内豊
広末涼子
マイク眞木
稲森いずみ
オープニング 反町隆史 with Richie Sambora「Forever」
スポンサーリンク

「ビーチボーイズ」各話あらすじ

第1話「夏、へんなヤツがやってきた、同時に2人も」あらすじ

女に捨てられ、行き場を失った桜井広海(反町隆史)。仕事のミスからエリートコースを外れた鈴木海都(竹野内豊)。出会うはずもないようなこの男二人が、しばしの休息を求めて海の見える地へと向かった。

遭遇した二人がたどり着いたのは、同じ海の見えるさびれた民宿。人生の頼れる先輩、だけど堅物そうに見える初老の経営者・和泉勝(マイク眞木)と孫娘・真琴(広末涼子)がきりもりする民宿に転がり込んだ広海は、強引にバイトを決めこみ、海都はマイペースで休日を過ごしはじめた。広海の何事にも能天気で、行動的なペースに次第に海都がはまりはじめた頃、勝は民宿をたたむことを告げる。

シーズンを前にと広海は言うが、勝の決心は固そうだった。そして、また別々に都会に戻っていく二人の男。取り残されたような真琴・・・。でも勝は、すでに真琴も東京にいる母のもとへ行かせることを決めていたのだった。

第2話「私、ここにいたい」あらすじ

再び、“ダイヤモンド・ヘッド”に戻ってきた広海(反町隆史)と海都(竹野内豊)。

広海は、民宿を盛りたてようと友達に電話をしまくり客として呼ぼうと思いつく。そこにまずやって来たのが、元恋人の富士子(辻香緒里)。そして、海都のことを心配して会社の後輩であり恋人の桜(秋本祐希)も民宿を訪れる。

その晩、夕食のバーベキューパーティーで盛り上がった富士子は、調子に乗って海都に広海の過去のことを話してしまう。オリンピックを約束された水泳選手だったと・・・。広海を見る目が少し変わる海都。

一方、真琴は、もうすぐ母のいる東京へ行かなければならないことを思い元気がない。同級生たちも、何とかならないかというのだが、勝(マイク眞木)の決定は動かせそうにない。

しかし、民宿をたたむ理由が、“ここにあったんじゃ真琴がいつまでも東京へ行くと言わないから”ということを聞いた海都が、勝に猛烈にくってかかった。「好き勝手生きてきたあんたが、なぜ真琴ちゃんの好きなことをさせてあげられない」のかと。

第3話「彼が残した忘れ物」あらすじ

会社からプロジェクト続行のため呼び戻された海都(竹野内豊)は、民宿“ダイヤモンド・ヘッド”を後にする。

「せっかくいいコンビだったのに」真琴(広末涼子)はほろ苦い想いを抱きつつ、ビーチバレーに惜敗し、くやしがる広海(反町隆史)と海都の二人を見てつぶやいた。

数日後、勝(マイク眞木)の用事で東京に行く事になった広海の車に、真琴はちゃっかりと便乗し、「海都さんに忘れ物届けに行くから」と強引に広海に言い放つ。忘れ物とは、海への思いを込めた一遍の詩だった。海都のオフィスで詩を読み上げる真琴に、あわてふためく海都!

その夜、海都のマンションに泊まることになった広海と真琴。広海は遅くに戻った海都と、すでに思い出になった、あの日のビーチバレーの話を切り出した。敗戦の原因を押し付けあったりするうち、「いつか決着をつける」と言った海都の言葉に「?」となる広海。その言葉の真意には海都の思いがけない決意が隠されていたのだが・・・。

そんなこととは知る由もなく、広海は勝に頼まれたもうひとつの大事な用件のため真琴と一緒にマンションを出た。そしてその用件とは、真琴と母を会わせるというものだったが・・・。

第4話「優しさのある場所」あらすじ

民宿“ダイヤモンド・ヘッド”は、広海(反町隆史)と海都(竹野内豊)が来てからというもの活気を取り戻しはじめているように見える。

この日も、東京から四人の家族客を迎えることになったが、海都はその客の顔を見て、“エッ”という表情になった。それは、海都の元上司・大崎(平泉成)だったのだ。約束された将来をみすみす棒にふってしまう・・・。

それほど魅力ある所とはどんな所かと、その目で見定めに来たのだと言う大崎を海都はいつも通りもてなした。釣り、バーベキュー・・・。大崎は子供たちの明るい笑顔を見るうちに、だんだんここの良さを理解し、かつて自分が追いかけた夢が、この場所にあることに気づくのだった。

一方、真琴(広末涼子)は、勝(マイク眞木)が、まだ母親と自分を会わせようとしていることを知ってショックを受ける。「ここにいたいという気持ちをなぜ分かってくれないのか」と春子(稲森いずみ)に訴える真琴。だけど、子供に会いたいと思うのは母親なら当然のことという春子。そういう彼女もまた、一人の子供の母親だった・・・。

第5話「やってきた渚のライバル」あらすじ

民宿“ダイヤモンド・ヘッド”での、広海(反町隆史)と海都(竹野内豊)の住み込みバイト生活は明るく元気に展開している。

ある日のこと、春子(稲森いずみ)が一人の酔っぱらった男を案内しにやってきた。男の顔をみるなりとっさに反応する広海。

「清水!」実はこの男(山本太郎)、広海が行けなかった五輪に、広海の代わりに行ったと言われ続けている元五輪代表選手だった。しかし、いつまでも桜井広海の代わりと言われ続けることが嫌で、広海と決着をつけるために、わざわざここへやって来たのだ。

小さな海辺の町に、この噂はまたたく間に広まった。

ケガのためにオリンピックを断念した広海に対する好奇の目と、清水との対決の日。しかし広海は、自分にそんな気持ちはないという。そして、海都らの前で、数年前選考レースリタイアの“本当の理由”をはじめて打ち明けるのだった。

第6話「それは花火で始まった」あらすじ

一年に一度、みんなが待ちわびた花火大会の日が近づいてきた。

広海(反町隆史)と海都(竹野内豊)は、ここに来て初めて迎える大イベントだ。海都は、東京から桜(秋本祐希)と、その友達を呼ぶが、結局来たのは友人達だけだった。桜は、楽しい時を過ごしても、一緒に帰れない淋しさを思うと、どうしても来ることができなかったのだという。自分ひとりで決めて、ここに来たことが桜を不安にさせていたと気づく海都。

一方、春子(稲森いずみ)は、今年も民宿の手伝いで、友達と花火大会に行けない真琴のことを思っていた。「女の子なら、浴衣着て、彼氏と一緒に行きたいよね」という裕子(佐藤仁美)の言葉を聞いてハッとしたのだ。真琴は、「いらない」と言ったけど、彼女のために自分の浴衣を仕立て直し始める春子。そして、いよいよ待ちに待った花火大会当日がやって来た・・・。

第7話「海がくれた勇気」あらすじ

盛夏!忙しくなった“ダイヤモンド・ヘッド”と海の店「渚2号」を一人できりもり、キリキリ舞いの真琴(広末涼子)。頼りにならない広海(反町隆史)と海都(竹野内豊)に怒り爆発寸前。

しかし、勝(マイク眞木)が連れてきた客を見て、いっぺんに機嫌が直った。菊田美智恵(浅茅陽子)は一年に一度、決まった日に必ずここを訪れる常連客だった。広海、海都はわけもわからないままに、美智恵に仕切られて働かされる。さらには客としてやってきた桜(秋本祐希)までもが・・・。

「一体何者?」広海と海都が疑問を持ち続け、真琴さえよく知らない美智恵の事情は、ある出来事から明かされることに。海に落ちた帽子を、ただ凍ったように見つめるだけで取りに行けない美智恵。それはまるで海を怖がってもいるようで・・・。海に来ながら海を怖がる客。勝は美智恵の忘れられない過去の話を語り始めた。

第8話「彼らとともに夏が去る」あらすじ

長かった夏休みもあと1週間で終わる。広海(反町隆史)と海都(竹野内豊)も夏の終わりをそれぞれに感じはじめているようだった。

真琴(広末涼子)は、夏が終われば二人がいなくなってしまうのでは・・・と不安で仕方ない。

そんな時、試験勉強を海都に見てもらうために、佑介(川岡大次郎)が“ダイヤモンド・ヘッド”にやってきた。広海は佑介のために夜食をふるまうが・・・。

以前落ち込んでいた自分に声をかけてくれた広海に「あなたとは違う、僕には将来がある」なんてひどいことを言ってしまった佑介は、何だかバツが悪い。海都は「あいつは気にしていないよ」と佑介をなだめる。将来を不安に思う気持ちは誰にでもあることを広海は知っているからだと・・・。

そして、無事試験も終わり、同時に夏休みも終ろうとする8月31日。広海、海都の号令で夏休み最後の思い出づくりが行われることになったが・・・。

第9話「この想い、君に届けたい」あらすじ

夏休みも終わり、二学期がスタートした。真琴(広末涼子)は、高校生活へ戻り、広海(反町隆史)と海都(竹野内豊)は、まだしばらくは“ダイヤモンド・ヘッド”の従業員としてここにいるらしい。

ある日のこと、春子(稲森いずみ)の元に、一通の手紙が届いた。しかし、それは待ちわびていた息子・春樹(大高力也)からではなく、その父、つまり春子を捨てた吉永一樹(入江雅人)からのものだった。仕事の都合でシンガポール行きが決まり、その前に一度、春子を会わせるために“ダイヤモンド・ヘッド”に来るという。

一日だけ“お父さんの知り合い”ということで春樹と過ごすことになる春子。でも、広海と真琴は、母と名乗れない春子の立場は、かわいそうだといい、それは春子が決めることという海都と口論になってしまう。これを見て春子は「どんな時にも、私は母親としてあの子が一番いいと思うことをしてやりたい」と言うのだが・・・。

いつまた会えるのか、この日のことを覚えていてくれるのかもわからない我が子のことを思うと、寂しさは隠せない。そこで、広海と海都は、春子と春樹のために、壮大な思い出をつくってあげえようと思いつく。

第10話「彼らの夏が終わるとき」あらすじ

夏も終わり、秋の気配もし始めたビーチ。盛況だった渚2号も今日を限りの店じまいとなった。

広海(反町隆史)も海都(竹野内豊)も春子(稲森いずみ)も寂しさは隠せない。勝(マイク眞木)は、すっかり店じまいを終えた広海、海都をテントと食料持参であるところへ連れ出す。それは、海を見おろせる小高い丘で、勝にとっての大切な場所だった。

滅多に人を連れてこないこの秘密基地に二人を招き、今夜は男だけで語り明かそうというのだ。

その頃、真琴(広末涼子)は、置いてけぼりにされた事に怒り、進路相談のことで悩んでいた。親と一緒の三者面談、春子は、東京にいる慶子(田中好子)に来てもらえば良いと言う。

春子の一言に後押しされた真琴は、慶子に電話して、一緒に面談に臨むことになった。そうとは知らない勝は“ダイヤモンド・ヘッド”に戻り、慶子の姿を見て驚く。それが真琴の決めたことと知り、複雑な思いに・・・。

第11話「海への想い、永遠の別れ」あらすじ

「ここは俺の海だ。お前たちの海は別にあるはずだ」

秋の気配がただよう海を見つめながら勝(マイク眞木)は広海(反町隆史)と海都(竹野内豊)に言った。「そろそろ、そんな時期かもしれない・・・」と思う二人。

翌日、勝は、周囲を驚かす行動に出た。忘れていた波乗りをもう一度やってみるというのだ。特注のスーツ。使い慣れたロングボード。用意は周到!のはずだったが、久しぶりに海に入った勝の心身が、既に海に対抗できないものになっていた。

「波乗りしたくて、ここに来た。民宿やるためじゃなかった。」何かを求めてこの海にたどり着いた広海と海都を見て、自分にとって一番大切なものを取り戻してみようとする勝。もう一度、必ずあの海に乗って見せる!勝の再チャレンジのための特訓が始まった。

第12話「さよなら夏の日…」あらすじ

主をなくした“ダイヤモンド・ヘッド”に「CLOSED」の札がかけられた。

広海(反町隆史)と海都(竹野内豊)は、勝との思い出を語りながら、いよいよ自分たちの海を探す時がきたことに気づく。真琴(広末涼子)は、ここにいられなくなることや、二人との別れが近づいた事を思うと、寂しくて仕方がない。

そんな時、春子が、“ダイヤモンド・ヘッド”を任せてほしいと、慶子に言ってきた。息子がいつか、ここに戻ってくる日のために、ここはつぶせないというのだ。残される事になった“ダイヤモンド・ヘッド”。

「でも、俺達は、いつまでもここには残れない・・・。」広海と海都は、別れの時を迎えようとしていた。

配信サービス 配信状況 動画視聴

FOD

見放題0円
2週間無料
最大1300pt付与

スポンサーリンク
おすすめの記事