「朝顔2」第15話のあらすじと感想!「最終章 家族の時間編! 」

上野樹里さん主演のドラマ「監察医朝顔2」第15話が放送されました!

ここでは「監察医朝顔2」第15話のあらすじと感想、視聴率などをまとめています。

スポンサーリンク

【監察医朝顔2】第15話のあらすじ

https://twitter.com/asagao2_2020/status/1361299233085644802?s=20

家族の過ごし方

平は仙ノ浦から神奈川に戻るころには、メモを確認していても忘れてしまうほどに物忘れが激しくなっている様子だった。朝顔が仙ノ浦を訪れる前に、病院へ行き認知症と診断されていたようだった。

平は神奈川に戻り、朝顔と桑原、つぐみと4人で正月を過ごしていた。朝顔のもとに茶子から承認解剖の相談の電話が入った。朝顔や法医学教室のメンバーは集まり、茶子と若林、野毛山署の森本らから承認解剖について話を聞く。

承認解剖

承認解剖をおこなってほしいと言われた遺体は猿渡正夫という65歳の男性で、ユークシスという国のホテルで亡くなっていたのが発見された。先月行方不明になり、家族の妻・佳織と娘・優香が捜索願を出していた。現地の警察によると遺体には首を吊った痕跡があり、現地での解剖の結果自殺と断定された。現地でのエンバーミングがずさんだったため、家族から若林らにエンバーミングのやり直し依頼が入り、さらに再解剖を依頼したいとのことだった。

朝顔たちは佳織と優香から事情を聞くことになった。現地での解剖結果に納得がいかず再解剖を強く希望しているのは娘の優香で、学生時代の友人で会った森本が再解剖することもできると助言したようだ。朝顔たちは再解剖したとしても調べられることが少ない可能性が高いこと、また費用が発生することを説明し、再解剖の依頼を受けた。

帰宅した朝顔は正夫の再解剖のはなしを平にする。すると平は、「その人にも知られたくない事情があるかもしれないから調べなくていいよ」と言われてします。朝顔と軽く口論になるが、朝顔が席を外して戻ると、平はもうその話が曖昧になっていた。

翌日、桑原の家族が万木家にやってきた。平がつぐみと公園に行っている間に、朝顔と桑原は忍と忍の夫に平の認知症のことを打ち明けた。みんなで食事をして楽しく過ごし、朝顔はみんなで旅行に行かないかと提案する。その横で平は、テーブルの下で「桑原一家といつか旅行の約束」とメモをしていた。

再解剖をおこなった猿渡の遺体はエンバーミングがずさんだったせいでかなり変色して腐敗していた。正夫の腹部から「もう調べないでください」とかかれたメモが出てきた。朝顔は佳織と優香に解剖結果、頸部圧迫による窒息死であることを伝えた。その際、メモが見つかったことは伝えなかった。優香はもう一度調べてほしいと言うが、朝顔は考えさせてほしいと答えた。後日、猿渡が自殺したときに一緒にいた女性と現地の解剖医に依頼して謝礼を払い、遺言として腹部にメモを残したことがわかった。

残された時間

朝顔は平に猿渡の再解剖が終わったことを話す。そして平が猿渡の気持ちが何となくわかると言ったことが怖かったとはなす。平も自殺したいと考えるのかと思ったのだ。平は里子がいなくなったことや自分の病気のことには参ったが、残された時間は朝顔たちと楽しく生きると決めたと告げた。そして、その時間は朝顔が思っているよりも短いということも。

桑原は晩酌をしながら、朝顔や平に神奈川県警に戻れることになったと話す。平の同僚や五十嵐監察官が手を回してくれたようだ。朝顔からも、母のものかもしれない歯が別の人のものだったと報告した。朝顔は平にお母さんの話を聞かせてほしいと頼み、楽しく思い出を語った。

翌日、仙ノ浦の病院から浩之の危篤を知らせる電話が入った。

スポンサーリンク

「監察医朝顔2」第15話の感想

平は深刻な認知症

冒頭、平が仙ノ浦で過ごす様子が流れて、思っている以上に認知症は深刻だったんだなと思い知らされた。神奈川に帰ってきてからも時間や日にちを何度も確認したり、つぐみに3回もお年玉を渡していたり。でも里子の話や、同僚との会話は普通にできているのをみると思考はしっかりしているから、直近のことが覚えていられなかったり怒りっぽくなってしまったりするのもわかってしまって余計に辛いだろうなと思った。本当に自殺するつもりはなくても、自殺した人の気持ちがわかるなと言うのも本音なんだろうなと。

解剖しても救いがあるとは限らない

猿渡の再解剖の話は解剖したのに救われない感じのモヤモヤするような事実がでてきて何ともいえない気持ちになった。父が自殺ではないと信じてた優香からしてみれば、父だけではなく母も浮気していて、自分はその浮気相手の子供で、さらに父の自殺の原因が自分が実の娘ではないと知ったからだったなんてわかったら気が狂う。人に知られたくないような自殺理由に平が共感するって話ならもっと違う、ちゃんと救いようのある話でもよかったのでは?

おかえり桑原くん

桑原が神奈川県警に戻れることになったのは本当によかった。平が神奈川に戻ってきたことによって、同僚たちに根回ししてくれたんだろうな。頼まれたわけでもないのに、ひっそりしれっと話をしてくれるような優しいところは病気になっても変わらずで嬉しい。ごめんと謝りすぎるからありがとうにしよう、ごめんっていったら罰金ねっていうのもほっこりしたけど、1回1000円の罰金は高過ぎる!そりゃ朝顔、「ポイントカードでいい?」って聞きたくなるなよなと思った。

歯の検査結果もわかったところで、浩之の危篤の連絡。どんな結果でも母だったと伝えるって言っていたけど、朝顔はどう伝えるのだろう。いよいよ最終回が近づいてきて、母・里子のことがもう少しわかるのかどうかも気になるところだ。

スポンサーリンク

「監察医朝顔2」第15話の視聴率

【監察医朝顔2】15話の視聴率は10.5%でした。

「監察医朝顔2」第16話の予告

「監察医朝顔2」第15話のあらすじと感想まとめ

第15話はいよいよ最終回に向けて動きだしたという印象が強いです。今後の展開から目が離せません!

スポンサーリンク
おすすめの記事