「あぐり」の三浦春馬は何話に出演?朝ドラ子役時代の画像あり!

1997年に放送されたNHK朝ドラ『あぐり』が、2021年3月29日(月)より、BSプレミアム/BS4Kで同時再放送されています。

主演は女優の田中美里さん、相手役を務めた野村萬斎さんはこの作品で大きく知名度を上げました。他にも里見浩太朗さんや田村亮さん、草笛光子さんや山田純大さんといったベテラン俳優が脇を固め、平均視聴率は28.4%、最高視聴率は31.5%という大ヒット作品となりました。

また、「あぐり」は昨年7月に亡くなられた三浦春馬さんが子役としてデビューした作品でもあります。

ここでは、三浦春馬さんの出演が何話か、どういった役か、出演画像などを紹介していきます。

スポンサーリンク

三浦春馬の出演は何話?

気になる三浦春馬さんが登場するのは第31話です。第31話が始まって2分後の登場です。

出演は時間にして1分半程度の短いものでした。

現在の再放送で第31話が放送されるのは、5月3日という計算になります。

※あくまでも予定です。大きなニュースが入った場合は放送日程がズレる可能性があります。

スポンサーリンク

三浦春馬の役柄は何?

当たり前のことですが、出演当時これからの三浦春馬さんのブレイクや活躍を知る人はいません。一子役としてのデビューなので、特別貴重な役どころではありませんでした。

汽車の中で「お腹空いた、お母さん、お腹空いた、お腹空いた、お腹空いた、お腹空いた、お腹空いた」という少年役です。

主人公あぐりが持っていたおにぎりをその子に与え、その子はそのまま黙って食べる。そして汽車が目的地に着き、少年はあぐりに手を振って去っていく様子が描かれました。

「子供 三浦春馬」というテロップが出ていました。

スポンサーリンク

三浦春馬の「あぐり」出演画像

当時、三浦春馬さんは7歳。美味しそうに大きなおにぎりを頬張っています。

まとめ

三浦春馬さんが子役として活動していたことは知っていても、あぐりに出てたことは知らない人も多いです。三浦春馬さんのファンが注目する放送になることは間違いないです。

スポンサーリンク
おすすめの記事